RSS | ATOM | SEARCH
白米中毒
 

約1年ぶりのブログ更新です…


本を紹介します。

その名も…


白米中毒

白米中毒


まず、日本の歴史上で一番早くみられた白米中毒の病的な段階の例
「脚気」についてのべています。
脚気は白米を食べる習慣がついた江戸時代の江戸において流行しました。
精米により、米ぬかにふくまれるビタミンB1が欠乏すると、心筋のエネルギー代謝がスムーズにいかなくなり、頻白や血圧低下、呼吸促迫等の神経症状に陥り
最悪、心不全になり死んでしまうという病気でした。


白米がドラッグ…

依存症に陥りやすく中毒性のあるものといったら、
薬物…覚せい剤やコカイン等(このようなものをハードドラッグと呼ぶ)
を思い浮かべます。
このハードドラッグほど急激な危険性はないが、
中毒性をもたらし、徐々に人々の体を蝕んでいくもの
それが白米(マイルドドラッグ)だというのです。



そもそもなぜ中毒になるのか

脳には「報酬系」とよばれる神経系があり、刺激を受けると
ドーパミンやエンドルフィンという神経伝達物質を分泌する。
この報酬系は欲求が満たされたとき、
欲求が満たされることがわかっているとき活性化する。
ドーパミンやエンドルフィンの分泌される量が多かったり感受性が高くなりすぎると
その快感をもとめ、依存症に陥る。

その刺激が強ければ強いほど中毒に陥りやすい。
白米だけでなく、砂糖のたくさん入ったジュースやお菓子等も
覚せい剤ほどの刺激はないが覚せい剤依存になるのと同じ経路をたどり中毒になっている。



白米が体に良くない理由

1.血糖値の急上昇
2.糖代謝のために体が保存していた栄養素を奪っていく

白米をたべると消化吸収がはやいため血液中の糖がエネルギーとして利用されるスピードを超え、血液中に糖が流れ込んでいく。
糖は過剰に血液中に存在すると害になる。

もともと人間の体は糖質を摂ると
糖質を分解するためのインスリンが分泌されて
血糖値を一定の範囲内でコントロールできるようになっている。
…が
いっぺんに代謝しきれないほどの糖質が過剰にはいってくる食生活が続くと
インスリン分泌が追いつかなくなり、
糖尿病になってしまう。



「白米中毒」を読んで…

何より怖いのは、ドラッグであり中毒になりうるものだと知らずに、
おいしいものを食べることが当たり前になっていることなんだなと思った。
白米を食べることはその分だけ体に負担をかけていることなんだということ。

国内の糖尿病患者数は予備軍もあわせると2200万人にも上り、
これは国民のおよそ6人に1人だそうです。
筆者も述べているように、
必要なのは「意識改革」である。
そして、知って行動に移し自分の習慣にしていくことなのでしょう


author:玄米君, category:玄米と健康, 20:31
comments(0), trackbacks(0), - -
コメに糖尿病予防効果





ちょっと前の記事ですが…
あるお客さんに教えていただきましたのでご紹介します。

2010年9月26日 日本経済新聞

 玄米をついたときにできるぬかは、コメの外皮や芽のもとになる胚がくだけた粉だ。ビタミンなどを多く含み、ぬか漬けの床をこねると手の肌がすべすべになることが経験的に知られる。

 東京大学農学生命科学研究科の尾崎博教授と潮秀樹准(東京海洋大客員准教授)らは米ぬかに多く含まれる脂質の一種「ガンマオリザノール」に注目。マウスに与えると、免疫物質とくっついてアトピー性皮膚炎を防いだり、糖や脂肪の分解を促す「アディポネクチン」というたんぱく質の分泌を強めて糖尿病を予防したりすることが分かった。


「近年のコメ離れが糖尿病や肥満の増加に拍車をかけているのではないか」

「長年、コメを主食とすることでアディポネクチンの不足を補い、遺伝子の欠陥がそのまま受け継がれてきた。この体質は変わらないのにコメを食べる量が減ったので、糖尿病になりやすくなった」

…と潮准教授はみる。


長い間お米を食べてきた私たち日本人のコメ文化(特に玄米)こそが
いろ〜んな病気の希望の光
なんじゃないかなぁと思いました!

author:玄米君, category:玄米と健康, 16:42
comments(0), trackbacks(0), - -
どんな病気も「温めれば治る!」

 

どんな病気も「温めれば治る!」 (ワニ文庫)



 ガン、心筋梗塞、糖尿病、アトピー、子宮筋腫、肥満…あらゆる病気は
「体の冷たいところ」=血行不良のところにおきるという。
つまり、体を温めて全身の血のめぐりを良くすれば、病気は必ず治る!
…というような内容です。

 ガン細胞は35℃の体温で一番増殖するとされている。体温が1℃上昇すると 免疫力が30%以上増強し、免疫の中枢をになっている白血球の殺菌力は発熱により促進される。

 

 昔から「冷えは万病のもと」というけれど、軽くみてはいけないんだなと感じました。

大事なのは…いかに体温を生み出す食材と食事法をとるかで、体を冷やす原因、体を温める食べ物(陽性食品)と体を冷やす食べ物(陰性食品)が何かを知って食べていくこと。

(ちなみに玄米はそのどちらでもない中間に位置する間性食品だそうです)

あとは筋肉を鍛えて体熱を作ること!

 

意識して少しずつ変えていけるようがんばろうと思いました。


author:玄米君, category:玄米と健康, 11:52
comments(0), trackbacks(0), - -
玄米は放射能汚染に勝つ


             


「放射能汚染から命を守る最強の知恵 ~玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名」という本を読みました。

 心臓奇形で生まれたが食事を玄米食に変えたら二ヶ月で正常になったと言う奇跡の人秋月先生。
その秋月先生がその後長崎のある病院で医師をしていたときの話。

 昭和20年8月9日長崎に原爆がおとされた時爆心地から1.4kmの場所にいながらその病院にいた従業員と入院患者約70名は秋月先生の指導のもと
玄米と天然味噌、天然塩をとり砂糖をとらないと言う食事方法で全員が生き延びた(原爆症にならなかった)。



何よりも食べ物が人を生かしもし、殺しもするんだということを感じた。
それは今も昔も同じであって、どんな環境にいるのかも重要だけどそれ以上にどんなものを食べるのかによって人は良くもなるし悪くもなるんだということ。

食べ物重要なんだなぁ〜としみじみ実感させられる本でした。

author:玄米君, category:玄米と健康, 02:12
comments(0), trackbacks(0), - -