RSS | ATOM | SEARCH
玄米は放射能汚染に勝つ


             


「放射能汚染から命を守る最強の知恵 ~玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名」という本を読みました。

 心臓奇形で生まれたが食事を玄米食に変えたら二ヶ月で正常になったと言う奇跡の人秋月先生。
その秋月先生がその後長崎のある病院で医師をしていたときの話。

 昭和20年8月9日長崎に原爆がおとされた時爆心地から1.4kmの場所にいながらその病院にいた従業員と入院患者約70名は秋月先生の指導のもと
玄米と天然味噌、天然塩をとり砂糖をとらないと言う食事方法で全員が生き延びた(原爆症にならなかった)。



何よりも食べ物が人を生かしもし、殺しもするんだということを感じた。
それは今も昔も同じであって、どんな環境にいるのかも重要だけどそれ以上にどんなものを食べるのかによって人は良くもなるし悪くもなるんだということ。

食べ物重要なんだなぁ〜としみじみ実感させられる本でした。

author:玄米君, category:玄米と健康, 02:12
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.genmaikun.com/trackback/3